ポールスミスの財布

ポールスミスの財布特集
日本で人気のポールスミスの財布

  
ポールスミスの財布は日本国内において非常に人気のあるアイテムです。 基本的には、男性向けで、女性であれば、男性へのプレゼンととして、お考えください。 ポールスミスの中でも財布は特に人気ですね。 ポールスミスでもスーツなどは、評価が極端にわかれる場合があります。 ポールスミスの財布の場合も、好み次第であるものも多くありますが、 シックで無難なものもあります。

ポールスミスの財布の魅力とは

ポールスミスの財布の特徴は、マルチストライプのド派手なデザインの財布と 表面はブラック・レザーにポールスミスのロゴといういたってシンプルな財布 にもかかわらず、開いてみると内側がマルチストライプであったり、 デザインが入っているという心憎い演出の財布などがラインナップされていることです。 この辺がポールスミスの財布の大きな魅力ではないでしょうか? 若い男性に流行ったのが、LADY(もしくはヌードガール)というタイプで、これは先のように、 何の変哲もなさそうな財布を開いてみると、ヌード女性が描かれているというものです。 まあ、彼女といるときは、どうかわかりませんが、男性同士の飲み会などでは、話題に事欠かない 財布です。

ポールスミスとは一体?

ポールスミスとは 比較的手ごろな英国ブランドとして、日本では絶大な人気を誇るが、 売り上げ規模が日本がナンバーワンであることなどから英国ではポールスミスは 『日本のブランドだ』と揶揄されることもあるくらい日本に浸透している。 日本ではメンズ系は株式会社ジョイックスコーポレーション、 レディス系は株式会社オンワード樫山がライセンス生産をしている。 日本以外のマーケットではメンズは英ポールスミス社、 レディス Paul Smith Womenはオンワード樫山のイタリア現地法人ジボ・コー社(Gibo' Co. spa) が製造販売をしている。

ポールスミス 財布 ポールスミスの真髄

スポンサードリンク
ブランド:ポールスミスの創始者、ポールスミスは 1946年、イギリス、ノッティンガムに生まれた。 少年時代は自転車競技のレーサーを目指し、15歳で学校を自主退学し、 毎日特訓に励み始めるが、不幸にも事故に遭遇してしまう。 重傷を負ったため、レーサーへの道を断念。 パブに入り浸りの毎日が続いた。しかし、そのパブに出入りするアートスクールの学生達と 親しくなり、あれこれと彼らの仲介役を果たすうちに、 芸術の世界の魅せられたことが、今のポールスミスという ブランド創設の一歩となっている。 17歳の時、パブでの経験を活かし、仲介を自分自身の仕事にしてみよう ノッティンガムにショップを開く(1970年)。 当初はMARGARET HOWELLやKENZOの商品を取り扱っていたが、 徐々に自らの名:ポールスミスを冠した商品も取り扱い始める。 1976年初めてのショーをパリで開催。 1999年ポールスミスはファッションデザイナー2人目となる、 エリザベス女王からサーの敬称で呼ばれるナイトに叙勲される。 “ひねりのあるクラッシック”をスローガンとするポールスミスの服飾は 伝統と遊び心が共存するところが最大の魅力である。 仲介業からスタートしたことからもわかるように、 彼は元々は、デザイナーではなく、全体的なブランドのコンセプトやテーマを考えたりするだけで、 ポールスミス自身では直接、素材をセレクトしたりデザインをしたりはしないようである。

サイト内の情報で不足であれば、
YAHOO!にてお調べください。

Copyright © 2007-2008 All rights reserved.